教育のために本を読ませるなら

教育のためにしておきたいことをネット上で調べると、数多くの記事がヒットします。
その中でもよく見かけるのが、本を読むということです。
読書がなぜ教育において良いのかと言われると、いろんな理由が考えられます。
活字に慣れることができる。
漢字や言葉をたくさん覚えられる(覚えられないにしたって触れられる)。
知らない世界を経験できる。
偉人の活躍を知り、夢を持てる。
挙げていけばまだまだ挙がりますが、主なものとしてはこれくらいのものです。
しかし、子供は読書が苦手です。
イメージする力が弱い子供には面白いものではないからです。
そこでおすすめなのが、親も同じ本を読むことです。
毎回読んであげるのは難しいでしょう。
しかし、一緒のものを読んで、感想を話し合うということであれば、難しくはないと思います。
どういった目線で子供が読んでいるのかを知ることができます。
また、どういったことを言っていたのか教えてあげることもできます。
本を読ませるのであれば、まずは親が読むようにしましょう。