本を読むことは子どもの教育にかかせない

子どものころからたくさんの本を読むことや先生や親が読み聞かせることは、教育において大変重要なことです。
まず、生きていくことで欠かせない人とコミュニケーションを取るために必要な言葉遣いを学び、語彙力も増えます。
また、読書から、たくさんの知識を得ることができます。
物事をビジュアルだけでなく言葉で覚えていくことは、物に対する知識を広げ、物の捉え方や考え方を自分で構築する力、または表現する力を身に付けます。
そして、これらが学力向上に大きな力を発揮するのです。
読書が役立つのは国語だけではなく、どの教科においても理解するために必要な言葉を習得できるのです。
つまり、読書している子供はすべてにおいての理解が深くなるのです。
実際、学力の面だけで言うと、高い学歴を持つ人たちの読書量はそれ以外の人たちよりも圧倒的に多いという数字で示されたデータが出ており、本を読む量が学力に影響が出ることがはっきりしているのです。
また、世界の中で子供の学力がトップであるフィンランドでは小さいころから本を読む習慣がついていて、読書量が他国と比べて圧倒的に多いのです。
いかに読書が大切かをわかっているため、図書館を充実させるなど国をあげて子供に読書をする環境を与えているのです。